Red Shoes Love Story

手軽なチープスリルに溺れ 夜の愛想笑い携え 
街に金をばら撒くだけじゃ つまんない日常をKICK出来ゃしない

馴染みのバーじゃいつもの騒ぎ ひとりカウンターでため息つきゃ
 3つ横の女と偶然目と目が・・・ 
割とタイプ ちょっと軽い感じで

似たもの同士さ きっと2人は 世界はいつも冷たすぎる
どうでもいいヤツラは放っとけばいいさ 
恋をしよう 夜にもつれて


朝が来たら他人の顔で
「じゃあな」ってCOOLに別れるのがオレのやり方
だけど何とオレとしたことが
「情が沸いてきた」と友達(ダチ)に告げた時ゃ始まっていた

全ての“恋物語”蹴ちらし 流れる時間(とき)を無駄にしないで
終わりが来るまで愛し合おう ずっと君のものでいさせてほしい

街に飛び出してKISSを交わそう
Dancin’in my soul 見せつけてやろう


常識はずれで“ケッコウ”構わない 2人だけのやり方で
昨日は昔 明日は遠すぎる 瞬間(いま)を感じるように君と生きていたい

街に飛び出してKISSを交わそう
Dancin’in my soul 見せつけてやろう
誰の言葉も気にせずにいこう
毎日を君とオレのものにしよう


にぎやかな街で 
陽だまりの道で 
木枯らしに抱かれ
震える時も
We're Dancin' in my soul, 
We're Dancin' in your soul,
We're Kissin' on the streets, 
We're Kissin' on the sheets.



written by Takeshi Urataxxx