はじめの一歩

道の上 書き殴ったラクガキその夢が 
今 動き出すのさ音立てるように ほら
ありふれた毎日も つまづいた昨日も 
センチなため息で吹き飛ばせればいい

失くしたもの数えて過ぎてく生活(くらし)にサヨナラをするために歩き出す
せいいっぱい

はじめの一歩踏み越える その勇気確かめたい
たどりつきたい 存在をむなしさで消さないよう


「自分さえ愛せずに誰かを愛せるかい?」 
いつか友達に言われた事がある
ひざをつき すりむいて それでも支えてた 
傷だらけのHeart Beat誇りにしていたい

誰にも決められない自分の生まれてきた意味を手探りでも知るために
せいいっぱい

はじめの一歩踏み越える 真実を抱きしめたい
たどりつきたい 存在をむなしさで消さないよう



written by Takeshi Urataxxx