僕の腕の中で −Be with you-

月灯りが窓を抜け 君の寝顔映す 
夜明けまではあと少し 街は息を密め
互いに傷を癒すようにと寄り添いあえば 
夜に溶けて哀しい予感のカケラもない

ありきたりの幸わせが今ここにはあるね 
そんな瞬間がとても大切だと知った
心のままにせつない程のキスをしたよね 
まるでこれが最後じゃないかと思うような・・・

君のために強くなる 約束さ
言葉よりも昨日よりも守りたい君を 
ずっとそばで


初めて抱いた夜から時間(とき)は深く流れ 
大人になってきたんだ僕の腕の中で
もし誰かに傷つけられても裏切られても 
憶えてほしい いつでも僕は味方だから

世界中を敵にしても君だけは失くしたくない
それぞれの夢が死に絶えるまで 腕の中で


                   
written by Takeshi Urataxxx


※これは吉田栄作氏に提供した
「理由なき反抗」という歌の原曲であります。