オレ流。

何度も言ってるかもしれませんが、「オレ流」について
今日また思いましたのでここに残しておこうと思った次第です。

TVのバラエティー番組に中日の新監督・落合(敬省略)が出てて思った。

なんかね〜、「オレ流」をことさら主張したり、態度に出てる人ってどうも好きになれない。
横柄っていうか、世間知らずっていうか、不躾っていうか・・・。

結局、下品なんだよなぁ〜。
品が感じられない人が多いのよね〜。
で、もって、自分本位っていうのが如実に表れてるっていうか・・・。

オレね、田舎モンって好きじゃないの。
別に田舎に住んでいたり、地方出身者のことを言ってるんじゃないのよ。
体質っていうか、性質のことなんだけどさ。
都会生まれ、都会育ちだって田舎モンはいる。
ま、平たく言えばやっぱ “無粋” ことになるかな?
他人に対してお行儀が悪いっていうか。
“粋”じゃないから下品に映る。
他人が発してる空気感とか察知できずに、自分本位な傍若無人にふるまえる人とかね。
そういう人を“田舎モン”って呼んでます。


可能性として、オレ=僕(浦田健志)も「“オレ流”の人」とか思われてるかもしれない。
でもオレは「オレ流」なんて言ったこともないし、「オレはオレ」なんて言葉で主張したこともない。

「あら、意外」
と思う人はたくさんいることでしょう。
そうは見えないかもしれないけど、けっこう世間を気にしてるのよ〜。
(世間体はそんなに気にしないけど)
むしろ常に人の顔色を気にしてる方。
周りの空気とか人の雰囲気にはすごく敏感だと思う。
だからこそ「ここぞ!」という時に笑いも取れるっちゅー話しですわ。


例えば、居酒屋でもファミレスとかでもさ、店員さんの呼びとめ方とか注文の仕方とかが
横柄な人っているじゃん?
「あんたは店員、こっちは金を払ってんだから」みたいな態度が“ありあり”の人。
周りを気にしない大きな声でいきなり「ちょっとおねえさん!ビール!」みたいな。
お下品よねぇ〜。
オレ、言えないもんなぁ。
やっぱ「すいませ〜ん」から入るもんね。


いいよ、「オレ流」でも。
だけどさ、納得させる材料も持ってきてよ。という話しなんですよ。
そういう人多いからさ。あつかましい感じ。
結局、つっこまれないようにするための武装だろ?みたいな。
だから“無粋”なのよ。

落合もさ、野球に関しては成り立つわけ。それなりの成果を提示できてるからね。
でもさ、本当は落合も最初は練習方法について
「みんなのメニューとは違って、オレ流でやる」とコメントしただけで、
それをマスコミが「いいキャッチフレーズ見つけた!」ってな勢いで
「オレ流・落合」って騒いじゃったから
落合も「ん?なかなか悪くないな」なんて思って、
夫人も「あなた、これいいじゃない!これで行きなさいよ!」なんて後押しもあったりして、
息子の福嗣も「じゃ、オレもオレ流!髪型もオレ流!ママ、ごはん!大盛り!」
なんて勘違いして勢いづいちゃったりして
「オレ流」を自ら主張し始めたんだよね、きっと。

その点、オレ=僕(浦田健志)は「イメージはダメージ」だからさ。
(「浦田健志を知るための5つの覚書 (1)」を参照。)


石田純一(敬省略)もね、実は「不倫は文化」なんて言ってないの。
「なんで“不倫が悪い”ってことに決めちゃうんですか?
不倫から文化が生まれたこともあるでしょ?」
と、ちょっとアカデミックに言っただけなの。

「なんで安易に善悪だけで物事を図っちゃうわけ?」
と言いたかったんだと思う。
だけどマスコミがまた見出しになるキャッチフレーズを見つけちゃったんだね。
で、「石田純一=不倫は文化」なっちゃったんだ。
そんでも石田純一自体は「ん?いいじゃん!金になる?」くらい思ったのかもしれないし、
自分の発言について忘れてしまったのかはわからないけど、そういうことで未だに通ってる。
オレは石田純一と会ったら、このことについて熱く話しをしたいと前々から思ってはいるのだが・・・。

マスコミの影響力って怖いわね〜。

情報に幻惑されながらも動くEarth(明日) 常識を重んじるワリに忘れてる良識
(「Oh Yeah! -Rockin' Dynamite“J”の欲望-」より。)

惑わされないように自分の見識ってやつを磨こうねっ!



しかし、川相は中日かぁ・・・。
実は一番応援したくないチームなんだよなぁ・・・。























って、おい!話しが変わってんじゃねーかよっ!


終わり。