オランダ

今、モーレツにオランダに行きたいと思っている。

チューリップやアムステルダムのカフェには特に興味がない。
あ、いや、コーヒーショップにはちょっと興味があるが・・・(わかる人にはわかる)。

ただCDを買うためと、ついでにLIVEを見るだけのために。


1980年代後半、大手外資系のCDショップで
「トム・ウェイツとエルヴィス・コステロが好きな人にお勧め!」
と書いてポツリと置いてあったCD。手に取らないワケがなかった。
で、ジャケットを見て“ビビッ!”っと「うわぁ、オレ的ぃ〜」と思って迷わず買った。

こういうやつ


「JUMP DICKIE JUMP(ジャンプ・ディッキー・ジャンプ)」という名のバンドの「Goin' Out」というCD。

このジャケットはすんごく好き!

後に「BLUE」というCDを作った時、「こういうジャケットにしたい!」ってサンプルにこの1枚と
トム・ウェイツのアルバムを2枚持っていったくらい。

ちなみにこれ


で、「JUMP DICKIE JUMP」。
音的にもすんごく気に入った!

だが、しかしそのCDは国内盤ではなく(売ってなかった)輸入盤であったため、
音源の他は英語ではないのでどう発音していいのかわからないメンバーの名前以外のことは知識が何もないまま。
英語で唄ってるんだけど歌詞も無し。

ただ“Made in West Germany”(まだベルリンの壁が崩れる前だね)って書いてあったから
「ドイツのバンドか〜」ってわかってた。

その頃はインターネットなんてやってなかったしね。

何か情報を得ようと自分の持ってたラジオ番組でも無理やり「JUMP DICKIE JUMP」の特集を組んだり、
行きつけのバーでかけてもらったり、キャンペーンは張ってたんだよね。

音楽通の人がいたら名前を出してみたけど、未だ他人から「JUMP DICKIE JUMP」の名前を聞いたこともない。

ことあるごとにCDショップで探してたんだけど、英米のバンドじゃないし、無名だし探すだけでも大変でね。
結局、初めて手に取った日からそれ以降店頭で目にすることはなかった。


それから10年以上時が流れ・・・。
最近また思い出してインターネットで検索してみたの。
そしたら「JUMP DICKIE JUMP」は「Goin' Out」の前に1枚だけ出してただけで解散してた。
その後はジャケット写真のVocal & Guitar の人がソロになって何枚か出してた。

その名は「Arthur Ebeling」。
“アーサー”はわかるけど、その後の発音がわからず・・・。
“エブリング”? “イーブリング”?

そんで、ドイツの人じゃなくて、どうやらオランダの人でオランダを中心にLIVEをやってるみたいだ。
オレにはドイツもオランダもどっちだってそれほど影響はないけど。

で、また火が点いた。
で、今度は「Arthur Ebeling」を探しに大手外資系CDショップを何件か当たってみたけど・・・見つからず。
店員さんに調べてもらったけど、「1枚だけ引っかかりましたけど入手できるかわかりませんねぇ〜」とのこと。
もしかしたら日本中探しても1枚も売ってないかもね。


あ〜、聞きてぇ〜。

で、
「オランダに行けば全部一辺にその場で手に入るだろ」と思ったわけです。
「ついでにLIVEも見れるだろ」と思ったわけです。
「日本からわざわざ来た」とか言えば特別視してくれてギターの1本くらい貰えちゃったりしてぇ〜?
なんて卑しい考えを持ちながら。

ちなみにLAのブルース・スプリングスティーンの家の前まで行った時もそんなこと考えてドキドキしてました。
ピンクレディーのミーちゃんのマンションに行った時も・・・。
「部屋に来る?」なんて言われたらど〜しよぉ〜〜〜〜〜。なんて。



ま、結論から言えば、そのためだけにオランダに行くなんてことはしないんだけどさ。

金が余ってしょうがない。というなら、それは別。


誰か知らない?

又はオランダ近辺に行く友達とかいない?