井の中の蛙、大海を知らず。

ミュージシャンに限らず表舞台に立ちたがるような人は、
とかく “自分がNo.1” と思っている人が多い。ように思われる。

ま、そのくらいの気持ちがないとやってらんない。
というのも正論。

大抵は “かんちがい” だけど。

そして、いかなる場所でも、
どこか “主役” 級に扱ってもらえないと気がすまない。
“お姫さま” 扱いされないと拗ねる奴っているだろ?そんな感じ。


この手の話は時に “合コン” とかでも当てはまるが、
話をわかりやすくするためにミュージシャンに例えよう。
実感としてこういうことがある。

LIVEでも何かの余興でもいいけど、対バンみたいな形で何人(何組)かが順々にステージをやるでしょ?
そうすると、“自分がNo.1” って思ってる奴は、やる前までは自信があるわけだ。
ま、狭い場所では実際 “No.1” だったのかもしれない。
でも、いざ蓋を開けてみると “自分がNo.1” と思っている “自分” より観客の反応が大きい他の奴がいたわけだ。
で、 「ん?負けたかも?」と、認めたくはないけど実はどこかで気づく。
それって悔しいわけ。
だけど、まだ自分が“井の中の蛙”だったってことに気づいてない。認めたくない。
“自分がNo.1” と思いたいからね。思われたいからね。


で、だ。
“自分がNo.1” を固持したいが為にどう出るか?
そういう大海を知らない “かんちがい”は大抵こう出る。

「負けかも?」の人に対してコンプレックスとか意味のない敵対心に似たようなものを抱くわけ。

オレはそんなのを何度も感じてきたよ。
リハの時とステージ後とかの態度が全然違うんだもん。目や顔つきもね。

しかも、自分の出番の前に 「負けかも?」と思える奴が出てプレッシャーがかかってさ、
いざ自分のステージになったらそれが見えちゃう最悪な奴もいるもんね。
もう気持ちが負けちゃってるの。


オレはさ、そんなの「ちっちぇーな〜」って思うわけ。
だってさ、お互い方法論の違う自分のステージをやって、
たまたまオレの方が反応良かったんだからしょうがないじゃん?

「オレも今日は良かったけど、お前もいいね!」でいいじゃん?

自分の手持ちのカードで勝負すればいいじゃん?
ま、勝ち負けなんてホントはないんだけどさ、気持ちが負けてちゃもうそれは “負け” だね。
そんなの結局 “自称No.1” なだけなのよ。
器がちっちゃいのよ。
実際 “No.1” になれるような器じゃないの。
“かんちがい”なの。


もちろん、そんな人ばかりじゃないよ。
ちゃんと「お前もいいね!」と言えて、そこんとこ分かってるミュージシャンも知ってる。
そして、「俺って “ひょ〜げんしゃ” じゃん?かっこいいし偉いだろ?」みたいな感じの
社会性を無視した余分な雰囲気を醸し出したりせず、
人と人との出会いの中、どこかでちゃんと社会性を以って接するミュージシャンもいる。(稀だが)
オレもそのつもり。それは心がけている。
初対面の人には大抵、慇懃無礼にならない程度の敬語やその気持ちで話すしね。
オレはなにも年上・年下とか上下関係を重んじているわけではない。
堅苦しいのはきらいだしね、だから慇懃無礼ってやつね。
でもフレンドリーと馴れ馴れしいのは違うってこと。
オレは礼儀ってやつはちゃんと教わってきたつもり。
ま、ちっちゃい世界しか知らない奴ほど社会性を無視してるね。
それで通用すると思ってる世界しか知らないんだ。
少なくてもオレには通用しないよ。


話は逸れたけど・・・ “主役“ 。
オレはこう思うわけ。
“主役” を張りたいんだったら、それなりのものを持って来い。と。

なんにもなくてさ 「あそこの枝の先に桃があるからジャンプしてごらん」じゃダメでしょ?
ちゃんと「美味しそうな桃」を見せてあげなきゃジャンプしないでしょ?

それに付け加えると、E・YAZAWA氏はこんなようなことを言ってたね。
「でもジャンプしても届かないワケ。
だってYAZAWAはその見た目より実は高い場所に提示してるワケよ」みたいなことを。
「だけど、手が届きそうでジャンプしたくなるようなものを見せなきゃダメなワケ。
でも届かないんだな。あと1cm。
YAZAWA 、それがエンタテイメントと思うワケ」みたいなことを。
(筆者注: URATA 、おそらく誇大表現)

E・YAZAWA氏が言うからOKということではない。
言葉自体にリアリティーと説得力がある。

それはきっと、美味しい桃に芳醇な香りと綺麗な葉っぱも付いてる。みたいなことだろう。
“お約束” だけではない+αだね。

自分より美味しそうな桃を他の人が持ってきたからといって、
拗ねたり、卑屈になったり、敵対心やコンプレックスを持ったりしないで欲しいのよねん。
意味なーいじゃ〜んってやつだね。
認めてさ、参考にすればいいじゃん?今後の自分のために。
ま、そんな態度のくせに、コソコソいただくものはいただいちゃってるのかもしれないけどさ。

オレはさ、そんなの相手にしてらんないよ。
オレは対バンの奴を相手にしてるわけじゃなくて、観客を相手に唄ってるんだからね。
そして観客だけが事実なんだから。


上には上があるし、空は遠くて高いし、海は広いな大きいな〜、だ。
ちっちゃいとこでまとまんなよな!ってな感じぃ〜。
もっと自分を知りたいなら他人を知りなさい。ってな感じぃ〜。

やな感じぃ〜。