男の子を育てよう。

最近言われた。
「浦ちゃんは男に嫉妬心を買うよ」と。
(この人がオレに嫉妬心を持ってるわけではなく、俯瞰から見た意見として。)

言っておくけど、これは自慢話しなんかじゃない。
実はずっと悩んでいる。
ずーーーっと昔からそれはわかっていた。
そんなものを感じとっていた。

別にオレは何かをひけらかすようなことはしていない。(と、思う。)
もしかしたら、そんな風に感じる人がいるのかもしれないけど、
そんな材料なんて何も持ち合わせちゃいないし、羞恥心の使いどころにも敏感なつもりだ。

勝手にオレに嫉妬して勝手に自分の中にオレに対するコンプレックスを生み出すのは
やめてもらいたいのだが・・・。
自分の器の中だけでオレを決めてほしくないのだが・・・。
そんなもんで人間関係に歪みが生じるのはよくないよなぁ〜。
“対抗”とかもやめてくんないかなぁ〜。
オレはまったくそんな気ないし。
“人”はキッチリ見るけど。(ここか?原因は。)

どうせなら“憧れ”を全面的に出して(ま、それも気持ち悪いけど)、
「よしっ、浦田に認められる人間になるぞ!」
とか思ってくれたほうが自分の為になると思うんだけどなぁ。

な〜んか、陰湿にコソコソ思ってないでさ、
“ガーーーンッ”とぶつかってきてほしいんだけどなぁ。
できるだけありのままのフラットな形でね。
見栄とか薄っぺらいのは自分が知らないところでどうやってもバレるからさ。

な〜んか、オレが悪い?って思えてくるんだよなぁ〜。
???が付いたまま。


男の子はさ、最終的に“殴り合い”っていう解決方法があると思うんだよねぇ。
それは決して“暴力”ではなく。

例えばさ、(話しは変わるようだけど)
(話しが変わるのはいろんな人の顔が浮かんで、いろんな人のパターンも浮かぶからなのだが・・・)
誰かに謝ることがあるとするじゃない?
それは“謝る”ことで“許す”という行為に及ばせる可能性があるわけじゃない?
その前の“謝る”に至る行為を“謝る”ことで“許させてしまう”わけじゃない?
“許されたい”なら、せめてもの「2,3発殴られたとしてもしょうがないよな」って気持ちで望まなくちゃさ。
“許させてしまう”ことに対しての誠意を持って望まなきゃさ。
対象の人物をないがしろにしてさ、勝手に自分の器の中だけで作り上げて勝手に悩まないでほしいわけですよ。
“ガーーーンッ”と来てよ。“ガーーーンッ”と。
オレも“ガーーーンッ”と対処するからさ。

ほんとにね、やめてよね。
作り笑いとかばっか上手くなっていっちゃうよ。
自分の中の男の子を育てましょうよ。

これから子供(男子)を持つ人達も、もうすでに持っている人もね、
“男の子”の部分をちゃんと育ててあげたほうがいいと思うよ。
“男の子”の部分を多分に持った男子はチャーミングだと思うよ。

そんな“男の子”の部分が欠乏してるからさ、そんな風にオレを思うんじゃないかな?
どう?君。

育てようよっ。
育てられるし。