告白

誰にも言ったことはないけど、たまに、しかもよく口ずさむ歌。
佐野元春氏の「おれは最低」という歌。


ある晴れた日嘘をついた 働く気も起こらない
全ては腐り続けたまま 何も変わらない 変わらない
おれは最低
おれは最低

自殺か祈りか奇跡か迷い込む
愛されてる突然知る 泣きそうだぜ 嬉しかった
おれは最低
おれは最低

仲のいいわかりあえる 友達のふりしてただけさ
途方も無くくだらない街の聖者 気取ってただけさ
おれは最低
おれは最低
おれは最低
おれは最低


オレはオレに向かって口ずさむ。
そう、本当はこんなオレだっているんだ。