思い出したらハラ立ってきたわ! 
 
以前の「なんか書く」に書いてなかったかぁ(もし書いてたら教えて)。 掲示板だけだったかな?

最近、人に話す機会があって、話してる内にいろいろと思ったのであります。



それは、数年前のJR日暮里駅でのこと。

ホームを歩いていた。
すると、数メートル先に立つ若者と目が合った。なんかオドオドしている。
ん? ふとその若者の傍らに目を遣る。
視界に入った。 うつぶせで線路に横たわるスーツ姿の男。
すかさず若者に叫ぶように言った。
 「駅員、呼んで来い!」


ホームに電車が入って来ないか確認してから線路に飛び降りた。
(と、思い出してたんだけど、たしか右方向しか確認してなかったように思える。
オレが乗る電車はそっち方向から来る電車だったから。
でも、男が落ちていた側は逆の左方向から電車が来るホームだったんだ。あっぶねー!)

男は頭から血を流していた。身体を叩き呼びかけた。
反応した。死んではいなかった。
脇の下に手を入れ抱き起こした。男(おっさんだった)も意識が戻って、フラフラしながらも自力で立とうとする。
股の間に手を差込み(女子だったらよかったなぁ)ホームに投げ込むようにして持ち上げた。


線路に落ちている本(オレが読んでいた三谷幸喜と清水ミチコのトーク本。
泥で汚れたそれを『救出記念』としてHP上でプレゼントしたっけ)を拾い上げ、
オレもホームに上がろうとした時、信じられない光景を目にした。

そこは喫煙所だった。
タバコを吸っているサラリーマン風の男たち。談笑しているOLが目に入った。

こいつら、なにやってんだ?
「てめぇら・・・」
つぶやいたと思う。辺りを睨んだと思う。


さっきの若者と駅員が到着した。
駅員が、おっさんと若者を促して去って行った。

オレに「ありがとうございました」と言ったのは、駅員だったか若者だったか?
オレはまた喫煙所にいただけの連中を睨んだ。



で、だ。

駅員はなぜオレも連れて行かなかったのだ?
駅員は救出現場を見なかったのか?

なぜオレは、それに着いて行かなかったのだ?
「名乗るほどのことじゃ、ありやせんぜ」
そうクールにキメていたのか?

いいや、違う。

今思えば、、、お礼されたかった。

JRから表彰されて、年間パスポートとか欲しかった。
助けたおっさんから、虎屋の羊羹セットでも貰いたかった。
おっさんがすっごい金持ちで、「命の恩人だからねぇ。気持ちばかりだけど」とビルの権利書でもくれたかもしれない。
あるいは札束3つほど。
また、おっさんに年頃のすっごい美人の娘がいて、「もらってやってくれないかい?」なんてことになったかもしれない。
それが姉妹だとしたら、「どれでも好きなのを。ご自由に」なんてことに。
姉妹が頬を赤らめていたかもしれない。しかも3姉妹だ。

後悔した。


もしかしたら・・・。
その全ての褒美が、駅員を呼びに言った若者の手に渡っていたりして・・・。

若者が自分の手柄として吹聴してたりして・・・。
「オドオドしてるヤツがいてさー」なんて、オドオドしてたヤツがオレになってたりして・・・。

「お父さんを助けてくれてありがと」なんて、
おっさんに建ててもらったプール付き一戸建てで美人3姉妹に囲まれてキスしまくってたりして・・・。
羊羹食べまくってたりして・・・。



そう思ったら、ハラが立ってきたのだ。

くやしーーーー。




そんなオレ、


ちっちぇー、、、な。