アンコール2


浦田さんって水族館でワンマンでもアンコールの曲用意してないことのほうが多いですよね。
「ない!」って断ることもよくあるし・・・。(笑)
結局、しぶしぶ受けてくれるけど。(爆)



前回書いた「アンコール」に対して、掲示板にこういうレスをしてくれたので、それに対するレスをここに書きます。


Candy Boxというバンドをやってる頃から、“アンコール”に関しちゃずっと思ってたんだよ。
いつしか“アンコール”は演者・観客のどちらにおいても、
あらかじめ組み込まれた“予定調和”だと感じてたんだよ。

オレはずっと、ステージには“予定調和”を持ち込むべきではないと考えてるタイプだからね。
本編が終わってステージから引っ込む、そしてアンコールがかかる。それも流れ作業のように。
いつからか“アンコール”はとてもシステマティックになっている。
その“当たり前”を嫌ってるんだね。

めったに観れない海外のアーティストのコンサートでも、客電が点くと、途端にさっさと出口に向かうもんね。
そこで、客電が点いても「アンコール」の声が鳴り止まないのが本当の意味での“アンコール”だと思ってる。
英語圏では「アンコール!」ではなく「We want more !」でしょ?
「もっとやってくれー!」って波動が広がって、観客のパワーによって演者がステージに引き戻されるのが
本当の意味での“アンコール”だと思ってるんだよ。

しょぼしょぼの“お義理”のアンコールで「アンコールありがとう!」なんて嬉々として出ていったり、
今にも消え入りそうな拍手にあせって余裕も無くあわてて出ていくのは、あまりにもみっともないと思ってるからね。
「そんなら本編できっちりやればいいじゃん!」って。

ライヴをやり始めた頃って、客なんかほとんど全員が友達でしょ?
アンコールがかかったって、それは所詮内輪のノリだから。
“お義理”のアンコールなんて空気感でわかるからね。
「そんなとこに甘んじてちゃいけない」ってのがあったから。
オレはその頃から「内輪がもりあがってくれたらOK!」ってな感じの趣味でやってるつもりはなかったし、
もっと上を目指してたからね。


プロとしてデビューして、ワンマンでツアーを回れるようになった時だってやらなかったぐらいだもん。
その頃はもう頑なだったよね。「アンコールは絶対やらない!」って。
それはもう、やらないことに意義を感じてたぐらいに。
「別に、やらないライヴがあったっていいじゃんか」ってな感じで。


2回目のツアーの時、マネージャーの強固な説得によって折れた。
ただし条件つきで。
「アンコールが鳴りやまなかったらね」と。

あれは大阪だったかな?
本編終わりの挨拶(「これで終わりです」)をきっちりやったのにも関わらず、
それまで体験したことのないような盛大な拍手に迎えられてアンコールをやったんだ。
アンコール曲はあえて用意しないでおいたから、予定外の弾き語りをやった。
オレはそれを目指してたんだよ。


こんなこともやった。そのシステマティックな部分を逆手にとってね。
本編最後の曲が終わる。「ありがとー!」とマイクに向かって言い、背中を向ける。
その背中には「アンコールあります」という紙が貼ってある。
笑いの中でアンコールをもらう。

誰もが“笑い”だと思っただろうけど、オレにとっては“反逆”だった。
“反逆”と言えばかっこよく聞こえるかもしれないけど、要するに“システマティック”に対する皮肉だ。


いつか大久保水族館でやったときにアンコールをもらって、客席の中で「LOVE SONG」を唄ったことがあるだろ?
あれも予定されてたものじゃなかったから良かったんだよ。
「サービス精神がすごい」と言う人もいたけれど、あれは“サービス精神”ではなく、“反応”しただけ。
そのアンコールの声と気持ちに“反応”しただけ。
「みんなと同じ目線のところで唄いたい」と思わせてくれたんだよ。



今だってずっと変わらない。
「絶対やらない」っていう頑なさはないけれど、今でもこだわっている。
大小問わず、どんな場所でライヴをやろうとね。
オレは感動に対しちゃストイックに求めていたいからね。



>結局、しぶしぶ受けてくれるけど。(爆)

いやいや、決してしぶしぶじゃないっすよぉ〜。照れかもね。
ま、なんがかんだ言っても気分次第かもな。(笑)