お題「エロ」

オレは憶えていないが、友達が小学校時代のエピソードで
今でも鮮明に憶えていることがあるという。

“オレ”と“そいつ”と“オレの親父”とで喫茶店に入った時の様子。

ウェイトレスの「ご注文は?」に対した“オレの親父”のセリフだ。

多分、“息子のオレ”は固まったに違いない。
“オレの親父”はこう言ったのだ。

「〇〇ちゃん(ウェイトレスの名前)のおっぱいっ!」


この事を松崎しんたろうに話したら、感慨深げな笑顔でこう言った。
「そんな大人になりたいっすねぇ」 まったく同感である。

その時の“息子としてのオレ”はきっと恥ずかしかっただろう。
だけど今は笑える。
人間誰しも「エロ」な部分を持ってて当然。
問題はその部分をどこに置いとけるかだ。
オレは“明るいエロ”“許されるエロ”“笑えるエロ”でありたい。