お題「男のロマン」

オレはロマンティストではない。
オレを支配するのは大抵センチメンタリズムだ。
「ロマン」は太くて鈍い。これがオレのイメージ。
「男のロマン」を声高に唱えるなんてはずかしい。
それほど大胆でも無邪気でもない。
ポジティヴorネガティヴ。そんなものはどっちでもいい。
オレは心にナイフを携えて自分の足元を識る。それが重要。
でも確実にオレの中にも「男のロマン」はある。
それを口にするか、しないかは美意識の問題だ。