お題「学校とは」

小・中・高の12年間、学校生活を送った。
高2くらいまでは『「青学」に行くぞ』と思っていたが、確固たるやりたいことが見つかり、
自分なりの自信も備わっていたので卒業後は進学も就職も決めなかった。
(といっても、学力的に「青学」は無理だったろうが。)

進路相談の三者面談(なつかしい響きだ)も、学年でオレひとりだけが免除された。
「おまえはいいや。もう決めてんだろ?」てな感じで。
他にもミュージシャン志望はいたんだけどね。
先生からしてもオレに“迷い”は見えなかったんだろう。

オレが音楽をやりたいということは、先生をはじめ生徒の間でも認知と嘱望をされていた。
オレのことをすでに“芸能人”だと勘違いしてた奴もいたぐらいだから。(こいつ「アホか」って思ってたけど。)

後年、デビューした時「Japan Times」にわりとデカく紹介されたんだけど(英語だ)、
その時の新聞は職員室に貼られていたらしいよ。うれしいよね。

高校生の時点で現在も続けられている“やりたいこと”が見つかったのはきっとラッキーなことだと思う。
そして現在でも“迷い”は見えないだろう。(あったとしても見せないけどね。)


そんな意味も含めてオレの人格形成は「学校」という集団生活の場所でほとんど成されたように思う。
その頃も現在も他人との関わり合いにおいての“スタンス”と“ポジション”は(ほとんど小学生の頃から)
変わってない。その“スタンス” “ポジション”は性格とか人格に大いに拘わってくるからね。

「人が人をつくる」ってやつだ。ラッキーなことに外的要因によってそれがくずれたこともない。
努力はしてる。オレは決して優等生であったはずもなく、どっちかといえば不良生徒だったけど、
グレも非行に走ることもなかった。徒党も嫌った。オレはある時決めたんだよね。
優でも不でも非でもなく「正義の人」であろうと。
その時は言葉に酔ってただけかもしれないけどね。

だから“まじめっこ”とも“不良”とも仲がよかった。
ボクシング部とアニメクラブ同時に誘われるなんてそうそうないでしょ?
ことわったけど。アニメファンじゃないし。

でも生徒会長タイプじゃないんだよ。「そんなのやってらんね〜よ」って感じだったから。
まあ誰も「やれ」なんて言わなかったけどね。ただの“目立ちたがりや”だから。

学校に対しての不満とか反発もあったとしても、立場をわきまえない自分勝手な論理でキレるだか
開き直るかのように自分に都合のいいだけの「正義」とか「自由」を主張することはなかったと思う。

いたでしょ?教師という立場に驕りがあるあまりに理不尽なことを言う人。
オレそういう教師にはこっちから「職員室で話しましょうよ」って言ってたもん。
みんな聞いてるからね。
「正義」はちゃんと向かい合って主張しないとさ、力を持たないじゃん。(なまいきなガキだ。)
だから、集団で「夜の校舎窓ガラス壊してまわった」みたいなことはしなかった。
出来なかったよ。

オレはどこかで“親に護られてる身分”なんだってことがわかってたからね。
「親呼び出し」なんて目に合わせるわけにはいかなかった。
ほんとにね、そういうところを自然に自覚していかないとマズイよね。
精神的自立が確実に遅れるもんね。


そんでさ、オヤジくさいこと言うようだけど、今の高校生ってどーなってんの?
金髪だわ、ヒゲ伸ばしてるわ、ピアスしてるわ。あれ、学校で許されてんのかなぁ?
そりゃオレも校則違反はしてたし、規律をバリッと守る奴なんて
「友達になれない」ってタイプだけど、もっとビクビクしながら工夫してたよ。

まさか、注意(指導)することの恐さと手間が省けることをいいことに
“自由教育”とか“自由尊重”とか言ってんじゃないだろーね?
アメリカン・スクール気取りじゃないだろーね?
学校側も生徒も。
だとしたらハッキリ言う。ただの無法地帯じゃん。

自由の意味もくだらない。自由ってナニか?「やりたいほーだい」ってことか?
それだったら学校なんてサッサと辞めりゃあいい。
辞めて他人を巻き込まないで、他人をアテにしないでやっていけばいい。
ガキのままでいりゃあいい。

オレは、人の可能性とか自我をつぶすための規律だったら、そんなものはいらないと思うけど、
ある種社会を意識した規律はその時期あったほうがいいと思う。
なにも「学校」は勉強を学んだり友達をつくるためのものだけではなくて、
共存の中で社会性を身につけて大人になっていく準備過程として適当な土壌だと思う。

適応しろってことじゃない。それは悲しいことでもない。
大人になるということは「自分次第」にならないことと向き合う力でもあると思うんだ。
それもこれも大人になってわかったことだけどね。

例を挙げればキリがないけど、電車の中でフツ−に携帯で喋ってる奴いるじゃん。
完全に社会性の欠如ね。周りの人が迷惑がってる心が判らない。恐ろしいよ。
判ってやってたとしたらもっと恐ろしい。ガキだけじゃないよ。歳だけくった大人もね。
自分の心が死んでるんだ。オレはそいつらの家族や恋人を見てみたいよ。
どういう意味かわかる?
周りを意識しない自分勝手な甘えは自分の大切な人さえも同じようなレヴェルで見られちゃうってこと。
自分のせいでね。

でもさ、学校のせいにしたり期待してもダメね。そういうことは自分で見つけるもんだから。
学校は土地であって、そこに畑を作るのか公園を作るのかは自分次第だから。



学校といえばさ、例えば合コンとかで「〇〇大学出身です」なんて
卒業して何年も経ってるのに名前の前にくっつけて自己紹介してる奴。
こんな奴と付き合っちゃダメよ。別れなさい。
学歴が最大の自分であって、他な〜んにもないんだから。ねっ、僕のところに来なさい。

あとね、学校は絶対共学!男子校なんて行っちゃだめ。オレは後悔してる。