お題「私の中の悪人」


オレの特技のひとつとして挙げてもいいと思えるものがある。
嗅覚」が敏感だという点だ。
「香り」の「臭い」ではない。人間が放つ「気配」のようなものだ。
「勘がいい」と言ってもいいだろう。「読心力」ってやつか。

例えば、初対面の人に会って少し話しをしたとする。
あるいは、直接話しをしなくても同じ空間で時間を共有したとする。
その時にその人の「印象」ってやつが生まれるじゃない? 
「良い」「悪い」だけじゃなく、「合う」「合わない」とか、ある程度の「性格」とかもさ。
で、その場の時間が経過したり、その後もう少し近くなってある程度つきあっていくと、
今度は「印象」から「認知」って感じになっていくじゃない?

オレ、その「印象」と「認知」のズレってほとんど(いや、まったくといっていい程)ないのね。
(だからといって、「顔相」を見られるってわけではない。)

あとね、人が喋りだした突端で、その後に続く話しが見えることが多い。
時にはその人の言いたいセリフをこっちが喋っちゃうことも多々ある。(全会話ってわけではモチロンない。)

「それって、勘違いじゃん?」とか「決めつけてるだけじゃん?」と思う人もいるでしょう。
いいよ。それでも。
オレと付き合えばわかるよ。と言うしかない。
逆に「そんなことぐらい、俺(あたし)だってわかるよー」って言う人もいるでしょう。
うん。でも別に張り合うつもりないから。偉ぶってるわけでもないし。

でね、話し戻すね。
「印象」とか「認知」とは別に、ひょっこり顔を出す「裏・表」ってあるじゃない。
オレ、その「裏」の部分の「匂い」にも敏感なのね。
「こんなこと言ってるけど、ああ思ってる」「これはあれを言いたいための伏線」とか。
「裏を出すためにまず表から攻めてるな」なんてのもあるよね。

まあ、それってその人の「臆病」な部分だったりする場合もあるんだけどさ。
それと、「悪意をふくんだ表現」とか、「卑屈」になってる感じだとか、
要するに“負の雰囲気を醸し出してる”状態とかはすぐに“ピピッ”っとアンテナに引っかかってくる。

そういうのが見えちゃうと、なんか哀しくなっちゃうんだよね。
そんな時のオレの対処の仕方はおおまかに2通りあります。
「まあ、いいや…。」と思うか、徹底的に"いぢめる"か。です。

「オレは、君がこういう気持ちでいることを知ってるよ。君はそれをこういう形で表したんだよ」
ということを教えて差し上げるワケです。
私の中のサディスティックな感情が脳内麻薬を伴うがごとく芽生えてくるのでございます。
(「嶽本野ばら」風)=(作家・乙女のカリスマ)=(「ミシン」おすすめ。)

「君はこんなみっともないことをしたんだ。君は知ってるはずだ。もっと自分で気付くべきだ」
ということを、時には“直接的”に。時には“ジワジワ”と。
時には“冷淡”に。そして時には全人格を“否定”するがごとく。

こっちは事の始まりから冷静に察知していて、目的がはっきりしてるわけで、
負い目を背負ったスタンスに立った相手は“開き直る”か“自分を護る”ことだけにベクトルが向かうから、
どんなに議論したとしてもこっちは正論を言えるし、話しを脱線させることがない。
そして相手は喋れば喋るほど、どんどん“どつぼ”にはまっていく。“矛盾”していく。
という、ケースになるのがほとんどだ。

そして、オレの中の“サディスティックな悪人”は、心の中で冷たく静かにこう囁く。

傷つけ。ほら、傷ついてみろよ。そして自分の薄っぺらさに気付けよ」

たぶんオレ、相手が“チクッ”とくるような言葉を(わかりやすい“グサッ”じゃなく。)選んでると思う。
やっぱり自分で気付かなきゃ意味ないもんね。(そのほうがダメージ大きいし)

“鈍感”だとか“意地っ張り”の奴には通用しないし、
話しをすりかえて勝手に逆ギレされるのがオチだ。
あと、変に自信たっぷりの奴に対してもそうね。根拠もなく、自分を顧みもしない奴。
「自分のことは一番自分がわかってる」みたいな感じだけど、
周りから見れば「それって、自分で決めてるだけだろ?」みたいな奴。
オレは、同じようにそいつをあばいてやりたくなる。
“人を小馬鹿にする”ような態度に出ることもある。(これはオレの悪い癖だろう)


余談だけど、柳美里の本「魂」の中にこんな言葉がある。

{自分に対する「疑い」を含まない「確信」は必ず過ちをおかす。
「確信」とは「疑い」の果てに揺らぎながら存在するものでなくてはならないのではないか。} 

オレもずっとそう思ってるし、そう信じてる。


オレを知ってる人。まだよく知らない人。
ねえ、オレにはこんなサディスティックな部分もあるんだよ。
人が隠しておきたい部分を無意識に探ってるのかもしれない。
人によく「見透かされてそうで恐い」と言われるのも、こういう“冷たい眼”を感じさせるからだろう。
な〜んか、告白しちゃったね。どう思うんだろう?

でもナチュラルなオレはホントに“いい奴”だから。(「自分で言ぅなぁ〜」と、よく言われる)
だけど、決して“良い人”ではないけどね。

これがオレの「ROCK魂」だっ!(もういいですか?)