お題「酒」


「酒が飲めない奴は人生半分損してる」と酒飲みはよく言う。
オレもその酒飲みのひとりですが、その意見に賛成です。

別に強くなくてもいいから
酒に多少酔って楽しめるだけの量は飲めたほうがいいと思う。

オレは最初のコップ一杯のビールで顔が赤くなっちゃうけど、
そのあとアルコールが身体を一巡して馴れてくるのか、
だんだん顔色も冷めてきて延々飲んでいられるタイプです。


飲めない人は「頭痛くなるから」「気持ち悪くなるから」って言うけど、
だいたい誰だって初めはそうなんじゃないの?

そこで
甘えて決めちゃってはいけません

もちろん遺伝とかによる体質もあるだろうけど、酒ってある程度訓練だからさ。
訓練って言っても毎日飲んで
体に馴染ませればいいってもんでもない(てっとり早いけどね)。

楽しくなくちゃね。


例えばビールを飲んで具合が悪くなったとしたら、次はワインを試してみればいい。

飲めない人は
安易にアルコール度数の低いものをセレクトしがちだけど、
度数が高くても自分に合った酒ってもんがあるからね。

それと脳に効く酒と体に効く酒もあるし。


安い居酒屋の安い酒ばっか飲んでて
「酒は合わない」とか言っててもダメよ。

安い居酒屋とかカラオケBOXの酒ってのはそういうもんなんだから。
カクテルなんか特に。
(中にはちゃんとした所もあるだろうけど。一応フォロー。)

やっぱ、ちゃんといい酒飲まないと。

男だったらある程度の年齢になったら、ちゃんといい酒を出すバーや、
旨いレストランの行きつけのひとつやふたつ持ってたほうがいいと思う。
値段が安い高いの問題じゃなくてね。

気取ってるわけじゃなくて、
たまにはいいけどいつもファミレスや居酒屋ばっかだとさ、
いざちょっと行きなれてない店に連れて行かれた時に心の余裕がないのも情けないでしょ?
オレの友達にもいるけどさ。

いろんなことを知らない人はきっちり顔に出るからね。
余裕のない顔ね。
どちらか片っぽだけじゃなく、
どっちも知ってないといい男も女も出来あがりません。
振り幅”ね。


まあ、自分のテリトリー以外の所に行かなければ行かないで済むし、
酒は飲まなくても生きていけるんだろうけど、
オレが「飲めたほうがいい」と言う理由は、第一に“付き合いの幅が広がる”ってこと。
他人と酒を酌み交わすことによって
生まれることってたくさんあるんだよね、経験上。

オレは嫌なやつとは酒を飲みたくないタイプだから、
オレにとっては誰かと飲み交わすという行為事態が重要なのね。

逆に言えば好きな奴とは酒を飲み合いたいんだよね。

もっと言えば酒を飲み合えない奴とは“友達”とは言い難い。

そこでアルコールが入って物理的に精神が開放される。
その部分での会話でお互いを確認できるわけよ。
腰を据えることによって今までしなかった会話もできるんだよね。
その新たなコミニュケイションがとれたことで
新たな信頼関係も生まれる。距離も短時間に縮まる。
まあ、ハナっから家族とか恋人しか愛せないような奴とはムリだけどね。

酒の飲み方である程度人間性がわかるもんね。
そういうものが露呈していく。
そして自分も確認できる。だからおもしろい。

だからもっと親しくなりたいなと思ってもほら、
男同士はもとより異性だとさ、ただ何もなく会うのってなんか照れくさいじゃん?
だから軽く「飲もうよ」ってだけで成立するんだけどさ、
飲めない奴だとその理由だけで何かと誘いにくくなっちゃうんだよね。

もしかしたら、
飲めない人はそんなことでいろんな機会を逃してるかもしれないよ。

それと、もうひとつは
“好奇心”ね。

「酒に酔ったらどうなるんだろう?」これ興味ない?
自分の知らない部分の自分。

オレなんか昔、
自分で(ここ重要。他人にではない
酒にいろんなもの入れてたもんね。

マリファナを吸った時と似たような感覚があるとどっかで聞いて
“ナツメグ”(香辛料?)とかさ。
目薬とかさ(どちらも合法でございます)。

まあ、体にはきっと良くないと思うけど、
それは“好奇心”の賜物なんだよね。

“好奇心”の計りかたは酒だけがすべてじゃないけれど、
そういう事っていろんなとこに結びつくと思うんだけどなぁ。


おもしろい人間(楽しいとか可笑しいではない。人間的に魅力があるという意味です。)
ってのは“好奇心”が育てるからね。


自分の限界を知らず酒に呑まれて泥酔するのは“みっともない”けど、
ハッピーに楽しんで飲める感覚を知る。

そこらへんの酒とのつきあい方を知ってると違うと思うんだよね。



さて、最後に。
酒の飲める女と飲めない女。


いくら飲んでも“ザル”タイプ。

口説く気になりません。

泥酔、カラミ、吐き系。

逃げたくなります。

飲まない女。

口説きにくいからダメです。

ほろ酔いかげん。

これが好きです。
色っぽく見えます。

口説く気にならない女子と飲んでてもハッキリ言ってつまりません。

男、いやオレの勝手ですが。

「なんか少し酔っちゃった」
この言葉には夢がある。

さあ、夜の街がオレを呼んでいる。

おいしい酒とおいしい時間がオレを待っている。